ゼシン

予備校と受験

予備校は主に浪人生が通う塾で、次年度の合格をかなり重視した熱い授業が繰り広げられます。その分成績や模試結果にシビアであることが多く、メンタルの弱いお子様の場合は辛い思いをしてしまうかもしれません。しかしその分、共に汗と涙を流す友達ができますので、大学に行っても友達が同じところに行く可能性も高く、あまり大学生活を心配しなくともよいという利点もあります。一心不乱に厳しく勉強したい人にはおすすめでしょう。

塾と受験
塾といっても多くの種類がありますので、どのようなものかを見極めることが大切です。成績が悪ければ補習メインの個別塾、成績がよく、どんどん向上していくことを望むなら合格実績が多く大手の塾、といったように、お子様の成績ややる気に合わせて選ぶことが大切です。また、講師は若いとアルバイトの大学生であることが多いので、なるべくベテランの講師を選ぶと職業講師として真面目に対応し、指導も上手な場合が多いと思われます。

家庭教師と受験
家庭教師はお子様のニーズに限りなく近い授業を一対一で行ってくれます。しかし、家庭教師とお子様の相性が合わない場合もあり、更に家庭教師はかなり高額ですので、お子様の成績が相当悪い、またはかなりいいのでもっとじっくり学びたい、といった場合に利用することが多いです。また、家庭教師派遣の会社はなるべく大手の、それも過去のクレームやトラブルがないものを見極めることが肝心です。よい講師の派遣率は会社の評判にかかっているともいえるでしょう。

マークシート

予備校のメリット

予備校と言えば大学受験の勉強をするための場所というイメージが強いと思います。強い精神力と忍耐力があれば辛い受験勉強を一人で乗り切ることができるでしょうが、大学受験の場合はそう簡単に事は運びません。まず、予備校が持つ情報力と一生に一度しか受験を経験しない受験生とでは雲田の差があります。志望大学の出題傾向と対策、記述問題の添削など個人では知り得ることができない情報を受験のプロ集団は持ち合わせているのです。成績が優秀な生徒でも予備校に通っているのは、これらの要因があるからです。

有意義に塾に通う方法
子供の将来を思い、小学生のうちから塾に通わせるご家庭は少なくないと思います。しかし相手は遊びたい盛の子供なので、塾に通ったところで思うような結果を得ることが難しいのも現状です。また、塾に通っていると言うことだけで満足してしまう子供も数多くいます。この子達が大学受験となった時に慌てふためかないようにするためにも、節目節目で目標を持たせることが大切になります。塾の講師は大勢の生徒を同時に指導しているので個人に配慮することが難しくなりますが、ご家庭で子供と将来について話し合う機会を定期的に設けることが重要です。

家庭教師に頼り過ぎないこと
成績が思う様に伸びない子は、どこが理解できていないのか本人が把握していないことが想定されます。この場合には、大勢の子供たちと学習する授業タイプの塾に通っていても意味がありません。年次を下げて、基礎から学習しなおす必要があります。この時に心強い味方になるのが家庭教師ですが、熱意のある先生を選ぶようにしてください。学生のアルバイトが一般的になるので、子供たちと遊んでいることもあり得ます。子供の為と思えば少し厳しいくらいの先生がちょうどいい物です。